少額を借りる際の審査基準はそこまで高くない

カードローンの審査基準は借り入れの金額と大きな関係があり、単純に借りる金額が大きくなれば審査は厳しくなります。10万円の申し込みをする際と100万円の申し込みでは審査の基準は当然ながら変わってくるため、10万円までなら貸せるといった審査結果となれば100万円の希望でも借りられる金額は10万円までとなります。

 

希望額での審査に通らないと審査落ちとなるわけではなく、多くのカードローンサービスでは審査結果に応じた限度額や極度額の提示となります。審査の結果で融資が不可、希望額どころか少額の融資も難しいとなれば金額問わずに審査落ちとなってしまいますが、希望額に満たなくても少額なら貸せるとなれば希望額を下回る金額での審査結果となります。

 

少額でも借りられれば良い、希望額はあくまで希望であってその金額が借りられなくても問題ないのであればそのまま契約を進めればよいですが、それであればはじめから必要最小限の金額で申し込みを進めたほうが良いです。

 

と言うのも、カードローンの審査は金額が大きくなるほどに慎重になるため、審査の回答にも時間がかかる傾向にあります。少額融資となる10万円を借りる審査基準と大きな枠となる100万円での審査では回答にかかる時間が変わってくる可能性があるため、特に早くに借りたい方は困ってしまいます。

 

審査に余計な時間をかけないためにも希望額は最少額にしておき、スムーズな手続きができるようにしておくと良いでしょう。